コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜産試験場 ちくさんしけんじょう

4件 の用語解説(畜産試験場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畜産試験場
ちくさんしけんじょう

畜産に関する技術上の基礎的および開発的試験研究を行なう農林水産省の機関。日本には 1916年に農商務省本省内に設置され,1917年千葉県千葉郡都村 (現千葉市中央区青葉町) へ移転,さらに,1980年茨城県稲敷郡茎崎村 (現つくば市) へ移転した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくさん‐しけんじょう〔‐シケンヂヤウ〕【畜産試験場】

畜産に関する試験・調査・鑑定・講習などを行う研究機関。農林水産省付属のものと各都道府県のものとがある。前者は平成13年(2001)独立行政法人農業技術研究機構(現、農業・食品産業技術総合研究機構)に改編され、畜産草地研究所と改称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

畜産試験場【ちくさんしけんじょう】

農林水産省に属する国立の畜産試験研究機関。1916年設立。本部は茨城県つくば市にあり,企画調整,総務,育種,繁殖,生理,栄養,加工,飼養環境の8部に分かれる。草地,飼料作物については国立の草地試験場栃木県那須郡西那須野町(現・那須塩原市)),病理については国立の家畜衛生試験場茨城県つくば市)が管轄。
→関連項目農業試験場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畜産試験場
ちくさんしけんじょう

畜産技術およびそれに関する基礎学上の研究、調査、分析、鑑定、研修などを行う研究機関で国と都道府県の別がある。国立のものは農林水産省付属であったが、2001年(平成13)4月に草地試験場と統合され独立行政法人農業技術研究機構傘下の研究機関となり、名称も畜産草地研究所と変更された。都道府県の研究機関は畜産試験場と呼称しており、都道府県単位で家畜の改良・普及に努めている。[西田恂子・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畜産試験場の関連情報