コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島万平 かしま まんぺい

2件 の用語解説(鹿島万平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島万平 かしま-まんぺい

1822-1891 幕末-明治時代の実業家。
文政5年10月6日生まれ。嘉永(かえい)2年木綿・繰り綿問屋をひらき,横浜開港後は綿花貿易に従事。のち三井組にはいり,三野村利左衛門と生糸荷為替組合を組織する。明治5年民間初の近代的紡績工場の鹿島紡績所を東京滝野川に創設。また北海道釧路地方の開発に尽力した。晩年は紅葉亭鹿成の名で狂歌にしたしんだ。明治24年12月29日死去。70歳。江戸出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島万平

没年:明治24.12.29(1891)
生年:文政5.10.6(1822.11.19)
幕末・明治前期の商人。日本初の民間の機械製綿紡績所・鹿島紡績所の設立者。江戸深川(東京都江東区)に米屋の次男として生まれた。嘉永2(1849)年から伝馬組木綿・繰綿問屋を開業し,開港後は外商への木綿売込問屋を営んだ。進取の気概に富み,多くの事業に参画した。慶応3(1867)年,三井組に入り,生糸荷為替組合を組織,東京貿易商社,同箱館出張所などで活躍し,釧路では魚油,鰊絞粕の製造,昆布の採取を行った。また,政府の命により通商司商社などを設立した。明治5(1872)年,協力者の脱落などの多くの試練を克服し,東京府滝野川村(東京都北区)に鹿島紡績所を開業。20年,東京紡績を設立し,鹿島紡績所を吸収。翌年,清国に北海道の海産物を輸出するため日本昆布会社を設立。<参考文献>絹川太一『本邦綿糸紡績史』1巻,土屋喬雄「滝野川鹿島紡績所の創立・経営事情」(『経済学論集』3巻10号)

(松本貴典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

鹿島万平の関連キーワード粗粒玄武岩ペドロ柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩三雲遺跡ブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone