コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島万平 かしま まんぺい

2件 の用語解説(鹿島万平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島万平 かしま-まんぺい

1822-1891 幕末-明治時代の実業家。
文政5年10月6日生まれ。嘉永(かえい)2年木綿・繰り綿問屋をひらき,横浜開港後は綿花貿易に従事。のち三井組にはいり,三野村利左衛門と生糸荷為替組合を組織する。明治5年民間初の近代的紡績工場の鹿島紡績所を東京滝野川に創設。また北海道釧路地方の開発に尽力した。晩年は紅葉亭鹿成の名で狂歌にしたしんだ。明治24年12月29日死去。70歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島万平

没年:明治24.12.29(1891)
生年:文政5.10.6(1822.11.19)
幕末・明治前期の商人。日本初の民間の機械製綿紡績所・鹿島紡績所の設立者。江戸深川(東京都江東区)に米屋の次男として生まれた。嘉永2(1849)年から伝馬組木綿・繰綿問屋を開業し,開港後は外商への木綿売込問屋を営んだ。進取の気概に富み,多くの事業に参画した。慶応3(1867)年,三井組に入り,生糸荷為替組合を組織,東京貿易商社,同箱館出張所などで活躍し,釧路では魚油,鰊絞粕の製造,昆布の採取を行った。また,政府の命により通商司商社などを設立した。明治5(1872)年,協力者の脱落などの多くの試練を克服し,東京府滝野川村(東京都北区)に鹿島紡績所を開業。20年,東京紡績を設立し,鹿島紡績所を吸収。翌年,清国に北海道の海産物を輸出するため日本昆布会社を設立。<参考文献>絹川太一『本邦綿糸紡績史』1巻,土屋喬雄「滝野川鹿島紡績所の創立・経営事情」(『経済学論集』3巻10号)

(松本貴典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島万平の関連キーワード柳河春三日本テレビ放送網ベニスの商人山陽小野田笹村吉郎玉井清太郎古山石之助円中孫平村井順

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone