鹿島鳥居(読み)カシマドリイ

精選版 日本国語大辞典の解説

かしま‐どりい ‥どりゐ【鹿島鳥居】

〘名〙 鳥居の一種。柱が垂直に立ち、上に断面が円形でそりのない笠木を載せ、柱を貫(ぬき)でつないだもの。笠木と貫の両端は垂直に切る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鹿島鳥居の言及

【鳥居】より

…なお,伊勢神宮には門扉のついた形のものもあり,垣に接して,宮殿の門という性格をはっきり示している。(2)鹿島鳥居になると,貫の両端が柱の外につきぬけて〈柱外〉の部分を作り,ふつう,くさびが打ちこまれている。(3)八幡鳥居では柱にころびがつき,笠木の下に島木が加わり,額束もできている。…

※「鹿島鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる