鹿島鳥居(読み)カシマドリイ

大辞林 第三版の解説

かしまどりい【鹿島鳥居】

鳥居の一。柱と笠木には円形の材、貫ぬきには角形の材を用い貫の端は柱の外に突き出させる。柱はまっすぐに立ち、笠木・貫の両端は垂直に切る。鹿島神宮の鳥居に代表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かしま‐どりい ‥どりゐ【鹿島鳥居】

〘名〙 鳥居の一種。柱が垂直に立ち、上に断面が円形でそりのない笠木を載せ、柱を(ぬき)でつないだもの。笠木と貫の両端は垂直に切る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鹿島鳥居の言及

【鳥居】より

…なお,伊勢神宮には門扉のついた形のものもあり,垣に接して,宮殿の門という性格をはっきり示している。(2)鹿島鳥居になると,貫の両端が柱の外につきぬけて〈柱外〉の部分を作り,ふつう,くさびが打ちこまれている。(3)八幡鳥居では柱にころびがつき,笠木の下に島木が加わり,額束もできている。…

※「鹿島鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android