コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川貞世 いまがわさだよ

百科事典マイペディアの解説

今川貞世【いまがわさだよ】

南北朝時代の守護法名は了俊(りょうしゅん)。幕府要職にあったが1370年九州探題となり,以後20余年間九州の南朝勢力を制圧し,倭寇(わこう)の取締りにも努力。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

今川貞世

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:嘉暦1(1326)
南北朝時代の武将,歌人。父は駿河・遠江守護の今川範国。左京亮,伊予守。貞治6/正平22(1367)年室町幕府の引付頭人となり,侍所頭人,山城守護を兼任。同年末,室町幕府2代将軍足利義詮の死去に際し,出家,剃髪して了俊と号す。応安4/建徳2(1371)年2月,3代将軍足利義満により九州探題に任ぜられ,懐良親王,菊池武光を中心とする南朝勢力がなおも強く存在していた九州の計略に着手した。九州下向に際しては,安芸守護に任ぜられて中国地方の地盤を固め,駿河・遠江で組成した武士に同地方の武士を加え軍事力を増強。さらに九州の諸士を招致し,翌年8月,九州の拠点大宰府を陥落させ,応安7/文中3年には,歴代探題の難敵少弐氏を制圧した。その際,島津氏久の離反にあったものの北九州を支配下に収めた。さらに永徳1/弘和1(1381)年6月,肥後菊池氏の本拠地隈部城および良成親王の居所染土城を陥落させ,氏久が死去したことで南九州をも手に入れる。これにより了俊の九州経営はほぼ全土に至り,九州への将軍権力浸透に一翼を担った。 しかし応永2(1395)年閏7月,幕府中央官僚間の勢力の変化や,九州探題の職を狙う大内義弘の讒言により解任され,義満から駿河・遠江半国守護職を与えられたのみで下向。さらに,甥泰範とも駿河守護職を巡り不和となる。失意のなか,同6年の大内義弘の挙兵(応永の乱)に際して鎌倉公方足利満兼に大内氏との連合を説き,義満の追討を招いた。同7年末から8年10月ごろ許されたが,このことで了俊は政治生命を失うこととなった。応永19年から25年ごろ没した。冷泉為秀門弟の歌人としても著名で,連歌書の『下草』,歌論書『二言抄』『言塵集』『師説自見集』,詠歌の手引書『明題和歌全集』などがある。また紀行文『道ゆきぶり』『鹿苑院殿厳島詣記』,故実書『今川了俊書札礼』『了俊大草紙』を著し,さらには今川家の所伝や応永の乱の一件における自らの立場を弁明した『難太平記』がある。<参考文献>川添昭二『今川了俊』

(長谷川弘道)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまがわさだよ【今川貞世】

1326(嘉暦1)‐?
南北朝期の幕府方の武将,歌人。今川範国の次子。1418年(応永25)7月以前に没した。1366年(正平21∥貞治5)ころ,室町幕府の侍所となり,山城守護を兼ね,67年12月の将軍足利義詮の死に伴い,出家して了俊と号した。引付頭人を兼務し,また範国の譲りをうけて遠江守護も兼務した。70年(建徳1∥応安3),南朝勢力が優勢な九州を平定するため九州探題に補任され,翌71年弟で養子となった仲秋(頼泰),弟の氏兼,子の貞臣らの一門子弟とともに九州に下向した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いまがわさだよ【今川貞世】

今川了俊りようしゆんの俗名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川貞世
いまがわさだよ

今川了俊」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今川貞世
いまがわさだよ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の今川貞世の言及

【九州探題】より

…1336年(延元1∥建武3),九州に敗走した足利尊氏が,筑前多々良浜合戦で勝機を得,大挙東上する際,一色範氏を九州にとどめて幕府軍を統轄させたのが始まり。その後この職にあったのは,南北朝期は一色直氏,足利直冬,斯波氏経,渋川義行,今川貞世と転変するが,両朝合一後は代々渋川氏であった。
[南北朝期]
 初代鎮西管領一色範氏は,一族を軍事指揮者として九州各国に派遣したが,46年(正平1∥貞和2)子息直氏を下向させ,以後は父子一体となってその政務をとる。…

【包み】より

…ただし,そこで用いられるものは紙ではなく,すべて布地である点は注目すべきであろう。《今川大双紙》は室町時代の初期に今川貞世(さだよ)(了俊(りようしゆん))が著した武家故実の書であり,たとえば金(かね)の包み方として,所柄や季節に応じた包み方,材料およびその色合いの選び方などについて述べている。 室町時代までは,〈包み〉の礼法は将軍家を中心とする上流階層にしか行われなかったが,江戸時代中期になると和紙が全国各地で大量に生産されるようになり,武士に限らず一般庶民の間でも広く用いられるようになった。…

【難太平記】より

今川貞世(了俊)の著作。1402年(応永9)2月,了俊78歳のとき成立した。…

【南北朝内乱】より

…また越中には桃井直常らの南党が蜂起したが,頼之は同国守護斯波義将らを派してこれを覆滅した。九州では征西将軍懐良親王以下の南軍が大宰府を中心として勢力を振るっていたが,頼之は70年(建徳1∥応安3)今川貞世を九州探題とし,兵站基地を準備し,九州・中国の諸氏に貞世への協力を指令した。そこで貞世は72年(文中1∥応安5)大宰府を占領し,やがて肥後に攻め入って菊池氏を圧迫した。…

【備後国】より

… 65年(正平20∥貞治4)九州探題に任じられた渋川義行は備後守護を兼帯し,軍勢の整うのを待ちつつ備後辺に延滞を重ね,結局70年(建徳1∥応安3)帰京した。同年9月九州探題に抜擢(ばつてき)された今川貞世は翌年2月京都を出発し,5月ごろ尾道に滞在ののち悠々と西下した。貞世は備後,安芸の守護を兼帯し,両国の国人(こくじん)の多くが彼に従って出陣した。…

※「今川貞世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今川貞世の関連キーワード南北朝の内乱今川大雙紙今川大双紙瀬名貞雄大内弘世菊池武朝阿蘇惟村阿蘇惟政菊池武政大友親世女今川鄭夢周太平記宗久家訓俗名

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android