麻の衣(読み)あさのきぬ

精選版 日本国語大辞典「麻の衣」の解説

あさ【麻】 の 衣(きぬ)

布の衣。麻織りのそまつな着物。
※古今(905‐914)雑・一〇六八「世をいとひこのものごとにたちよりてうつぶし染めのあさのきぬなり〈よみ人しらず〉」
服喪の時に着る麻の白い御服。喪服。麻の喪服(みそ)。あさぎぬ。あさのころも。
書紀(720)允恭四二年正月(寛文版訓)「れ対島に泊て大いに哭(まつ)りて、筑紫に到りて亦大いに哭る。難波津に泊て、皆素服(アサノキヌ)きる」

あさ【麻】 の 衣(ころも)

散木奇歌集(1128頃)冬「風ふけばとなせに落すいかだしのあさの衣にをりかく」
※書紀(720)天武元年三月(北野本訓)「是に郭務悰等咸くに喪服(アサノコロモ)て三遍(たび)挙哀(みねたてまつ)る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android