麻姑を倩うて痒きを掻く(読み)まこをやとうてかゆきをかく

精選版 日本国語大辞典「麻姑を倩うて痒きを掻く」の解説

まこ【麻姑】 を 倩(やと)うて痒(かゆ)きを掻(か)

(麻姑にかゆいところをかいてもらって非常に気持がよいの意から) 物事が思いのままに行きとどく、思いどおりに事が運ぶことのたとえ。まこそうよう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「西洋にては、別に簡捷の工あらんことを思ひしに、此場の製作をみれば、摩姑を倩(ヤト)ひ痒を掻が如し」 〔杜牧‐読韓杜集詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「麻姑を倩うて痒きを掻く」の解説

麻姑まこやとうてかゆきを

《麻姑にかゆい所をかいてもらうと、気持ちがいいことから》物事が思いのままになること、また、思いどおりに事が運ぶことのたとえ。麻姑掻痒そうよう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android