コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻逸 まいつ Ma-yi; Ma-i

3件 の用語解説(麻逸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻逸
まいつ
Ma-yi; Ma-i

フィリピンのミンドロ島の古名 Maitの音訳。中国の宋・元代の史料に現れる国名。ただし,ルソン島を含むと思われる場合もあり,またジャワ島北方のビリトン島をさすと思われる用例もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まいつ【麻逸】

代の中国によるフィリピン諸島の呼称。特に、ルソン島ミンドロ島をさした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まいつ【麻逸】

宋代,元代の中国の史書に記されたフィリピンのミンドロ島付近の名称。スペイン統治以前のフィリピン諸島に関する文献記録はきわめて少なく,その中でも最も古い記録は,中国人趙汝适が宋代の13世紀初めにまとめた《諸蕃志》に出てくる麻逸国の記述とみられている。麻逸国はミンドロ島付近をさすと考えられ,この記述は先スペイン期のフィリピン社会を知る貴重な史料である。麻逸の記述は元代に書かれた《島夷志略》にも現れるが,明代にはみられなくなり,代わって呂宋(ルソン島にあたる)の記述が登場するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

麻逸の関連キーワードフィリピン独立教会桂タフト協定フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲宋版ウィリアムHタフトΦίλιπποιフィリピン毛頭虫感染フィリピンと中国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone