コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄しん こうしんHuang Jin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄しん
こうしん
Huang Jin

[生]至元14(1277)
[没]至正17(1357)
中国,元の儒学者。義烏 (浙江省金華県) の人。字,晋卿。延祐2 (1315) 年進士に合格。清廉な人となりで,長らく地方官として善政をしき,のち翰林院に入り侍講学士知制誥にいたった。文章も高い風格をもち,また儒林四傑の一人とされた。宋濂 (そうれん) はその弟子である。『金華黄先生文集』『日損斎筆記』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黄しんの関連キーワード掲けい斯人となり至正義烏善政

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android