コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄・徐二体 こう・じょにたいHuang-Xu er-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄・徐二体
こう・じょにたい
Huang-Xu er-ti

中国,五代,後蜀から北宋初めにかけて活躍した黄筌とその一族の花鳥画風,および五代,南唐から北宋初めにかけて活躍した徐煕とその孫 (一説に子) 徐崇嗣が創始した花鳥画風をいう。前者は形態の輪郭を筆線でくくり色彩を施す描法,後者は墨または色彩を没骨 (もっこつ) 使用して形態を表わす描法。両者の画風は対照的であるが相互に影響し合い,花鳥画風を展開させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黄・徐二体の関連キーワード勾勒填彩宋の美術院体画

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android