黄・徐二体(読み)こう・じょにたい(英語表記)Huang-Xu er-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,五代,後蜀から北宋初めにかけて活躍した黄筌とその一族の花鳥画風,および五代,南唐から北宋初めにかけて活躍した徐煕とその (一説に子) 徐崇嗣が創始した花鳥画風をいう。前者形態輪郭を筆線でくくり色彩を施す描法後者または色彩を没骨 (もっこつ) 使用して形態を表わす描法。両者の画風は対照的であるが相互に影響し合い,花鳥画風を展開させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android