コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描法 ビョウホウ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐ほう〔ベウハフ〕【描法】

描写の技法。絵や文章のえがき方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

描法【びょうほう】

東洋画の線描法をいう。中国では古くから形式化され,18種に分類されるが,特に遊糸描(高古遊糸描),鉄線描が名高い。遊糸描は,柔らかく連綿として絶えない線で描くことで,漢,唐代絵画の正統的技法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

びょうほう【描法】

描き方。描く技法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

描法の関連キーワードジャン シュランベルジュアナモルフォーシスアッバーティファットーリ一遍上人絵伝ムガル細密画アポロドロスイシャウッドラ・イール佐々木正子黄・徐二体歪曲遠近法ボージャン荒木探令祭礼草子小田海僊バスキア矢田一嘯職人歌合山本芳翠

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

描法の関連情報