徐崇嗣(読み)じょすうし(英語表記)Xu Chong-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐崇嗣
じょすうし
Xu Chong-si

中国,五代末,宋初の画家。徐煕 (じょき) の孫 (一説に子) 。江寧 (江蘇省南京) の人。花鳥画を得意とし,徐煕の画風を発展させて徐氏体の色彩を水墨に変え,新しい没骨 (もっこつ) 写生画風を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

徐崇嗣【じょすうし】

中国,北宋の画家。金陵(南京)の人。生没年不詳。祖父あるいは父と伝える徐煕(じょき)の画風を継ぎ,花鳥画名声を博した。しかし,水墨淡彩で田野の花鳥を描いた徐煕に対し,彩色濃淡のみによる没骨(もっこつ)法によって名花珍鳥を描いたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の徐崇嗣の言及

【五代美術】より

南唐二陵の墳墓をみればわかるとおり唐風によっているが,絵画界では後世に巨大な影響を与えることになる試みが行われていた。花鳥画における徐熙,その孫徐崇嗣,山水画における董源,巨然の存在がそれである。徐熙は唐風の左右相称的構図の装飾画を制作する一方で,墨彩を中心とする新傾向をもみせた。…

【徐熙】より

…生没年は不詳。孫の徐崇嗣の活躍期から南唐初期の人と推定される。江寧(南京)の名門の出身で,花鳥画に優れ,唐風の装飾的な作風から水墨画の要素の強いものまで幅広い画技を示した。…

【没骨】より

…中国における絵画の技法の一つで,対象の形態の輪郭を筆線(骨)で括(くく)ることなく,彩色あるいは墨で描くことをいう。本来は,彩色中心の手法で,六朝の梁の張僧繇(ちようそうよう),唐の楊昇らにその作があったと伝えるが,五代以後,花鳥画の技法として安定し,徐熙の孫である徐崇嗣の没骨画が有名である。水墨の没骨は藻魚図などによく用いられるが,これは彩色の没骨画のモノクロームのバリエーションと考えられる。…

※「徐崇嗣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android