コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄幡 オウバン

2件 の用語解説(黄幡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう‐ばん〔ワウ‐〕【黄×幡】

葬儀のときに用いる黄色の旗。
暦注の八将神の一。軍陣の守護神。弓始めに、この神のいる方角に向かって射れば吉とし、また、その方角に門を建てたり土を掘ったりすることは凶とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おうばん【黄幡】

陰陽道おんようどうの八将神の一。羅睺らご星の精。軍陣の守護神。この神の方角に門を建て土を掘るのは凶、弓始めに弓をこの方向に射れば吉とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄幡の関連キーワードイエローフラッグ威儀の御膳起龕葬儀発引平樽威儀の親王インディアンイエロー表袴弔衣

黄幡の関連情報