黒シャツ隊(読み)クロシャツタイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒シャツ隊
くろしゃつたい
Camicie nere

イタリアで組織されたファシズムの軍事勢力Squadristi。初期ファシズムの基幹勢力となった武装行動隊には、第一次世界大戦中のイタリア陸軍で編成された選抜突撃隊Arditi出身の隊員が多く、突撃隊の制服であった黒シャツが武装行動隊の制服として採用されるようになった。フェッラーラの隊長バルボが制定したともいわれる。1922年のローマ進軍のころまで黒シャツ隊とはこの武装行動隊をさす。彼らは20年から22年にかけてポー川流域で社会主義勢力の優位を覆す懲罰遠征行動を展開し、地主、農業資本家および警察の保護の下にこの地域を制圧した。ローマ進軍以後、黒シャツ隊は23年1月に創設された国家安全義勇軍に編入されたので、この義勇軍に対する名称にもなった。

[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くろシャツ‐たい【黒シャツ隊】

(Camicie Nere の訳語) イタリアの政治団体、国民ファシスト党の武装行動隊。第一次世界大戦後、ムッソリーニが組織したもので黒シャツを着用したところからいう。一九二〇~二二年に左翼、労働運動に暴力的な攻撃を行ない、二三年国家安全義勇軍となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒シャツ隊の言及

【義勇兵】より

…現在イギリス陸軍の予備軍には正規予備と地方陸軍志願予備Territorial Army Voluntary Reserve(TAVR)があり,後者が国民義勇軍である。イタリアには1919年結成のファシスタ党に黒シャツ隊があり,22年10月ローマ進軍の尖兵として政権奪取に貢献,23年1月国防義勇軍となり,28年10月正規軍に編入されたが,敗戦により消滅した。スペイン内戦(1936‐39)においては,人民戦線政府側とフランコ軍側の双方に義勇兵が参加したが,特に諸外国の義勇兵により構成された,人民戦線政府の国際旅団は著名である。…

※「黒シャツ隊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる