黒土帯(読み)こくどたい

日本大百科全書(ニッポニカ)「黒土帯」の解説

黒土帯
こくどたい

乾燥気候のステップ地域に生じた黒色土壌が分布する地域。黒土地帯ともいう。夏季に生育した草原が冬には枯死して腐植となり、そのため厚い黒色土を形成し、肥沃(ひよく)である。黒土帯はほとんど各大陸に分布し、重要な穀物生産地域となっている。ウクライナからロシアのシベリア南部にわたってチェルノゼムと称する肥沃な黒土が帯状に発達し、ヨーロッパの穀倉とよばれている。カナダからアメリカ合衆国のロッキー山脈東麓(とうろく)の草原地帯にはプレーリー土とよばれる黒色土が発達し、小麦、トウモロコシの大生産地となっている。アルゼンチンのパンパ草原にも黒色土が発達して小麦の栽培、牧牛の飼育が広く行われている。インドのデカン高原にはレグール土という黒色土が発達し、黒色綿花土ともよばれ、綿花の栽培が広く行われている。

[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android