コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒土 クロツチ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐つち【黒土】

黒い色の土。腐敗した植物質などを含んだ、耕作に適した土。こくど。くろぼこ。
火災にあって焼けた土。やけつち。

こく‐ど【黒土】

チェルノーゼム

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒土【こくど】

チェルノーゼム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろつち【黒土】

ふつう火山灰土壌の有機物に富む黒い表層土をさしていう。地方により黒ノッポ,黒オンジなどさまざまに呼ばれる。黒土層の下方には俗に赤土と呼ばれる明るい褐色の風化火山灰層がつづく。世界の火山灰土壌の中でも,日本のものの表層土はとくに黒みが強く,また有機物含量(平均十数%)も高い。黒土層はススキなどの草本植生のもとで発達したとされ,ススキの旺盛な生長力と温暖多雨気候が黒土発達の条件と考えられる。14C年代測定によると黒土層の年代はほとんどが1万年未満で,とくに現世に入ってから黒土層の発達する条件が整ったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろつち【黒土】

黒色の土。
腐敗した植物質を含み、耕作に適した黒色の土壌。こくど。黒ぼく。
焼けて黒くなった土。焼け土。焦土。

こくど【黒土】

くろつち(黒土) 」に同じ。
チェルノーゼム。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黒土の言及

【黒土】より

…地方により黒ノッポ,黒オンジなどさまざまに呼ばれる。黒土層の下方には俗に赤土と呼ばれる明るい褐色の風化火山灰層がつづく。世界の火山灰土壌の中でも,日本のものの表層土はとくに黒みが強く,また有機物含量(平均十数%)も高い。…

【草原】より

…夏の乾燥と冬の低温のためこの大量の植物遺体はゆっくり分解される。したがってステップの土壌はチェルノーゼム(黒土)と呼ばれるように腐植に富み,草本の根の密な発達で保水性や通気性もよく豊かである。黒土地帯にはコムギ,オオムギ,トウモロコシなどの作物が栽培され,世界有数の穀倉地帯となっている。…

【チェルノーゼム】より

…温帯の大陸性半乾燥気候下の多年生イネ科高茎草本を主とする自然草原(ステップ)に発達する土壌。ロシア語で〈黒い土〉を意味する言葉に由来し黒土(こくど)と訳されることもあるが,単なる黒色の土壌ではなく,日本で一般に黒土(くろつち)と呼ばれるものとはまったく異なる。ステップでは春先の融雪水と初夏の降雨によって草本類が急速に生長し,多量の有機物が土壌に供給される。…

※「黒土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒土の関連キーワード外科医柊又三郎〈2〉ジェレズノゴルスク女事件記者立花圭子ミチューリンスクゼーヤブレヤ平原八月のラブソング刑事★イチローテラマーレ文化イエローカードキロボフラード外科医柊又三郎オレゴンから愛親子ジグザグ親子ウォーズ桑名 伊之吉黒海沿岸平原旅のはじまりボイボディナ半乾燥気候八色すいか

黒土の関連情報