コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒岩常祥 くろいわ つねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒岩常祥 くろいわ-つねよし

1941- 昭和後期-平成時代の生物科学者。
昭和16年12月13日生まれ。東京都立アイソトープ総合研究所研究員などをへて,昭和49年岡山大助教授。58年岡崎国立共同研究機構教授。62年東大教授。のち立大教授,同大極限生命情報研究センター長。「細胞内小器官」の研究で世界的に知られる。平成15年日本学術会議会員。20年米国植物科学会のチャールズ・リード・バーンズ賞を受賞。22年「ミトコンドリア葉緑体の分裂・遺伝様式に関する基本機構の発見」で学士院賞。同年学士院会員。23年文化功労者。東京都出身。東京都立大(現・首都大学東京)卒。東大大学院博士課程修了。著作に「ミトコンドリアはどこからきたか」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒岩常祥の関連キーワード母性遺伝

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android