コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒日売 くろひめ

2件 の用語解説(黒日売の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒日売 くろひめ

古事記」にみえる女性。
吉備海部直(きびのあまのあたい)の娘。仁徳(にんとく)天皇に愛されたが,皇后の石之日売命(いわのひめのみこと)(磐之媛命)の嫉妬(しっと)がはげしいため,郷里の吉備へにげかえる。天皇はそのあとを追って吉備へ行幸し,黒日売にあって歌をよみかわしたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒日売

『古事記』にみえる吉備海部直の娘。名は髪の美しい女性という意味か。容姿端麗なために仁徳天皇が召し使っていたが,大后の石之日売(葛城磐之媛)の嫉妬を恐れて吉備(岡山県)に帰郷する。天皇が高台から,去りゆく黒日売の船を望見して歌を詠んだところ,大后は怒り,日売を下船させて徒歩で帰らせた。のち天皇は大后を欺いて淡路島から島伝いに吉備へ行幸した。黒日売は菘菜を摘み,羹に煮て献上し,天皇もともに菜摘みを楽しんだという。やがて都へ帰る天皇に,別離の慕情をこめて次のような歌を献じた。「倭方に/西風吹き上げて/雲離れ/退き居りとも/我忘れめや」

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒日売の関連キーワード海部古訓古事記穴戸武媛大吉備諸進命吉備海部赤尾吉備海部羽嶋吉備兄彦皇子吉備上道弟君鞍部堅貴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone