コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木欽堂 くろき きんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木欽堂 くろき-きんどう

1866-1923 明治-大正時代の漢学者,書家。
慶応2年3月11日生まれ。黒木茂矩(しげのり)の子。父と片山冲堂(ちゅうどう)にまなび,香川工芸学校長,東京帝大などの講師をつとめる。法書会を設立して書道の振興につとめ,「書苑」を発行した。大正12年8月31日死去。58歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。帝国大学卒。名は安雄。字(あざな)は武卿(ぶけい)。別号に欣堂,蓍園。著作に「讃岐史要」「学書の方法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android