コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木欽堂 くろき きんどう

美術人名辞典の解説

黒木欽堂

書家・漢学者。香川県生。名は安雄、別号に著園。東京帝大で漢文専攻。のち香川県工芸学校長等を経て帝大講師となり、傍ら国学院大・浄土宗大に教鞭をとる。詩文篆刻を能くし「書苑」の主筆として書道の普及に努め、また史学にも深い造詣を示した。大正12年(1923)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木欽堂 くろき-きんどう

1866-1923 明治-大正時代の漢学者,書家。
慶応2年3月11日生まれ。黒木茂矩(しげのり)の子。父と片山冲堂(ちゅうどう)にまなび,香川工芸学校長,東京帝大などの講師をつとめる。法書会を設立して書道の振興につとめ,「書苑」を発行した。大正12年8月31日死去。58歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。帝国大学卒。名は安雄。字(あざな)は武卿(ぶけい)。別号に欣堂,蓍園。著作に「讃岐史要」「学書の方法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒木欽堂の関連キーワード大正時代書家