コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山冲堂 かたやま ちゅうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山冲堂 かたやま-ちゅうどう

1816-1888 幕末-明治時代の儒者。
文化13年生まれ。江戸で昌平黌(しょうへいこう)にまなび,帰郷後,讃岐(さぬき)高松藩校講道館の助教となる。維新後,議事局判事,参政試輔をつとめる。のち盖簪(がいしん)社をおこし,赤松椋園(りょうえん)らの門人をそだてた。明治21年1月8/11日死去。73歳。名は達。字(あざな)は元章。通称は直造。別号に六石。著作に「喘余録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片山冲堂の関連キーワード黒木 安雄松原 竹坡片山恬斎渡辺橙斎明治時代黒木欽堂松原竹坡儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android