コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒本・青本 くろほんあおほん

世界大百科事典 第2版の解説

くろほんあおほん【黒本・青本】

江戸で刊行された初期草双紙一類赤本に次いで現れ,体裁もほぼ踏襲している。中本型5丁が定型で毎丁に挿絵,その余白に平仮名本文を記す。上下または上中下,まれに5~10冊で1編を構成する。黒本は黒色表紙,青本はおそらく萌黄色退色の藁色表紙で,意匠のやや進んだ絵題簽(だいせん)を貼付する。内容は2者ほとんど同じで,浄瑠璃絵解き,英雄一代記,化物話,異類談等,ときに当世風用語も交える。同一作品で両様の体裁もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒本・青本の関連キーワード絵草紙・絵双紙富川吟雪富川房信奥村政房市場通笑黄表紙合巻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android