コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢節窩 くろさわ せっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢節窩 くろさわ-せっか

1683-1748 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)3年生まれ。藩主榊原氏の転封にしたがい,越後(えちご)(新潟県)村上藩,播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩,越後高田藩とうつる。政邦をはじめ4代の藩主に史監としてつかえ,転封の際,藩政式目条例の改革につくした。私塾もひらいた。寛延元年死去。66歳。越後出身。名は順。通称は六郎。別号に活溌童子。著作に「弁朱陸弁」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒沢節窩の関連キーワード儒者

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android