コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒河内伝五郎 くろこうち でんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒河内伝五郎 くろこうち-でんごろう

1803-1868 江戸時代後期の武士。
享和3年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。槍(そう)術をはじめ剣術,薙刀(なぎなた)術,柔術,吹針など武芸百般に通じ,藩の居合術指南役をつとめる。晩年失明し,新政府軍の会津攻めの際はたたかえず,慶応4年8月23日自刃(じじん)した。66歳。本姓は羽入(はねいり)。名は兼規(かねのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒河内伝五郎の関連キーワード戊辰戦争若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗早竹虎吉(初代)明治

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone