コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒谷和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

黒谷和紙

京都府綾部市黒谷町で生産される和紙。原料はコウゾ。起源は不詳だが、平家落武者が製法を伝えたといわれている。江戸時代旗本領となったことから保護・奨励を得て発達。京呉服に関連し、値札、渋紙などに用いられてきたほか、近年では工芸紙などにも加工される。「黒谷紙」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

黒谷和紙[紙工芸・和紙]
くろたにわし

近畿地方、京都府地域ブランド
綾部市で製作されている。平家の落武者により始められたという。丹波丹後地方には古くから良質のがあり、黒谷川の清流とも相まって、和紙づくりが発展した。京都府伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

黒谷和紙の関連キーワード京都府綾部市黒谷町近畿地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒谷和紙の関連情報