コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒谷紙 くろたにがみ

世界大百科事典 第2版の解説

くろたにがみ【黒谷紙】

京都府綾部市黒谷町および八代町ですかれている楮紙(こうぞがみ)を中心とした,各種の手すき和紙をいう。丹波・丹後は古代において主要な製紙国であった。江戸時代にも,この地方にはいくつかの紙の産地があり,公用紙である奉書や杉原紙をすくもの,周囲の農村向けの障子紙傘紙をすくものなどがあったが,黒谷紙は直接,都会の使用者と結びつく独自の道をとった。黒谷ははじめ山家藩に属していたが,のちに天領となった。代官の奨励で製紙が発展し,1859年(安政6)には京都の呉服越後屋の世話で,京都の紙すき職人友三郎が技術指導にきている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黒谷紙の関連キーワード京都府綾部市黒谷町黒谷和紙

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android