黒酒・白酒(読み)くろきしろき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒酒・白酒
くろきしろき

宮廷で用いた神供(じんく)の酒。「き」は酒の古名で、「黒御酒(くろみき)」「白御酒(しろみき)」ともいい、大嘗祭(だいじょうさい)や新嘗祭(にいなめさい)のとき、神田(じんでん)でつくった米で酒を醸し、神に供えて天皇も飲み臣下にも賜った。甘酒のようにつくり、クサギという草の焼き灰で黒く色づけしたのを黒酒、入れないのを白酒という。のちにゴマの粉を混ぜて代用した時期もあった。伊勢(いせ)神宮でも9月の神嘗祭(かんなめさい)に供していたが、後世には廃れた。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android