コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼎山存彜 ていざん そんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鼎山存彜 ていざん-そんい

?-1490 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)雲門寺の瑚海仲珊(こかい-ちゅうさん)にまなび,その法をつぐ。のち同国に禅長院をひらいた。弟子に牧中正授(ぼくちゅう-しょうじゅ)がいる。延徳2年3月2日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鼎山存彜の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android