コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼎春岳 かなえ しゅんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鼎春岳 かなえ-しゅんがく

1766-1811 江戸時代後期の画家。
明和3年生まれ。鼎金城の父。大坂の人。福原五岳にまなび,のち元(中国)の文人画家黄公望などの画風を独習して一家をなした。文化8年8月13日死去。46歳。名は元新。字(あざな)は世宝。通称は太郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鼎春岳の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記島精機製作所鳥辺山

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone