コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓山 こざん

世界の観光地名がわかる事典の解説

こざん【鼓山】

中国の福建省の省都、福州(フーチョウ)市の中心部から東北約7.5kmにある、標高969mの山。鱔渓と東山渓滝をはじめ、多数の渓谷や滝のある深山幽谷で、福州鼓山風景区となっている。また、この山の中腹、標高445mには、梁の時代の908年に創建された禅宗寺院・湧泉寺がある。この寺は、福建省五大寺院の筆頭の寺院で、門前にわき出している泉(即羅漢泉)が寺名の由来になっている。境内には、山門のそばにある千仏陶塔、清朝の康煕帝(こうきてい)の筆といわれる「涌泉寺」の扁額(へんがく)のかかる天王殿、「三世像」と呼ばれる三体の釈迦牟尼塑像を安置した大雄宝殿、後梁時代に建てられた法雨堂など、歴史を秘めた古い堂宇、伽藍(がらん)が建ち並んでいる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

鼓山の関連キーワードスイス村スキーリゾート京都府与謝郡伊根町野村丹後森林公園スイス村弥栄(京都府)京都府京丹後市長崎くんち冨田 渓仙真金一里塚響堂山石窟福士 政一丹後半島福士政一大雄宝殿為霖道霈丁野南洋台湾仏教光明寺旗山道霈弥栄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android