コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓山 こざん

1件 の用語解説(鼓山の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こざん【鼓山】

中国の福建省の省都、福州(フーチョウ)市の中心部から東北約7.5kmにある、標高969mの山。鱔渓と東山渓滝をはじめ、多数の渓谷や滝のある深山幽谷で、福州鼓山風景区となっている。また、この山の中腹、標高445mには、梁の時代の908年に創建された禅宗寺院・湧泉寺がある。この寺は、福建省五大寺院の筆頭の寺院で、門前にわき出している泉(即羅漢泉)が寺名の由来になっている。境内には、山門のそばにある千仏陶塔、清朝の康煕帝(こうきてい)の筆といわれる「涌泉寺」の扁額(へんがく)のかかる天王殿、「三世像」と呼ばれる三体の釈迦牟尼塑像を安置した大雄宝殿、後梁時代に建てられた法雨堂など、歴史を秘めた古い堂宇、伽藍(がらん)が建ち並んでいる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼓山の関連キーワード黄檗惟一福建省奉天省都福州福建建茗土楼幸地朝常台湾[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鼓山の関連情報