鼻頭(読み)はながしら

精選版 日本国語大辞典の解説

はな‐がしら【鼻頭】

〘名〙 鼻の先端部。鼻のあたま。びとう。
※こがね丸(1891)〈巖谷小波〉二回「今は肉落ち骨秀で、鼻頭(ハナカシラ)全く乾きて、此世の犬とも思はれず」

び‐とう【鼻頭】

〘名〙 鼻のさき。また、そのあたり。鼻さき。はながしら。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「久しく之を鼻頭(ビトウ)に接して其馥郁に慣果(なれはて)なば」 〔南史‐曹景宗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼻頭の関連情報