龍岡城跡(読み)たつおかじょうあと

国指定史跡ガイドの解説

たつおかじょうあと【龍岡城跡】


長野県佐久(さく)市田口にある城跡。龍岡藩の藩庁が置かれていた近代城郭跡で、佐久に陣屋を置いた龍岡藩主・松平乗謨(のりかた)が1867年(慶応3)に築城した。日本に2つある五角星形の西洋式城郭の一つで、この3年前に完成した函館五稜郭(ごりょうかく)とともに貴重な城郭である。龍岡五稜郭、あるいは桔梗(ききょう)城とも呼ばれ、1934年(昭和9)に国の史跡に指定された。城内の建造物は松平氏が城をもてない「陣屋格」であったため、天守などの防御施設はなく、大手門と通用門、藩主の御殿、藩士の小屋、藩屋、太鼓楼(たいころう)、火薬庫のほか、歴代藩主を祀った三社様や稲荷社などがあった。しかし、1872年(明治5)に明治政府の取り壊し令により、龍岡城は地所と石垣はそのままに、建物は入札払い下げとなって残りは取り壊されてしまった。現在は外堀と石塁が残り、当時の炊事場だった台所櫓(やぐら)を復元しており、かつての大広間は佐久市鳴瀬の時宗寺の本堂として移築され、東通用口は佐久市野沢の成田山薬師寺の門として現存している。隣接する「であいの館」には、五稜郭の資料が展示されている。JR小海線臼田駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android