コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久 さく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久
さく

長野県東部,佐久穂町の北部と東部を占める旧町域。佐久盆地南端部にある。 1955年栄村と海瀬村が合体して町制。 1956年大日向村を編入。 2005年八千穂村と合体して佐久穂町となった。東は関東山地,西は蓼科山に達するが,集落は中央を流れる千曲川河岸段丘に集中する。段丘上では米作,丘陵地では主として花卉,果樹の栽培が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さく【佐久】

長野県東部の市。佐久盆地の商業中心地。中心は中込(なかごみ)など。岩村田(いわむらだ)はもと内藤氏の城下町野沢は鯉(こい)の養殖が盛ん。人口10.1万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【佐久】

長野県東部の市。佐久盆地の商業の中心。市街地は岩村田・中込・野沢の各町に分散。岩村田は旧城下町、また中山道の宿場町。コイなどの養殖が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久
さく

長野県中東部、南佐久郡にあった旧町名(佐久町(まち))。現在は佐久穂(さくほ)町の北部および東部を占める。旧佐久町は佐久盆地の南端に位置し、東は関東山地、西と南は八ヶ岳(やつがたけ)連峰の山麓(さんろく)にあたる。1955年(昭和30)栄(さかえ)、海瀬(かいぜ)の2村が合併して町制施行。1956年大日向(おおひなた)村を編入。2005年(平成17)八千穂(やちほ)村と合併し佐久穂町となった。旧町域の中央を千曲(ちくま)川が北流し両岸一帯は水田をなすが、山麓部の段丘上ではキクの栽培が盛ん。旧大日向村は昭和10年代に村をあげて旧満州吉林(きつりん/チーリン)省に開拓移住し分村をつくったが、敗戦で大きな被害を受けた。千曲川に沿ってJR小海(こうみ)線、国道141号が通じ、299号が分岐する。東部の山地は妙義荒船(みょうぎあらふね)佐久高原国定公園の一部。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

佐久 (サク)

植物。ミクリ科の抽水性多年草,薬用植物。ミクリの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

佐久の関連キーワード長野県佐久市佐久平駅北長野県佐久市佐久平駅東長野県佐久市佐久平駅南長野県佐久市下小田切長野県佐久市岩村田北長野県佐久市中小田切長野県佐久市太田部長野県佐久市根々井長野県佐久市東立科長野県佐久市小宮山長野県佐久市塩名田長野県佐久市茂田井長野県佐久市三河田長野県佐久市小田井長野県佐久市上平尾長野県佐久市本新町長野県佐久市鍛冶屋長野県佐久市取出町長野県佐久市長土呂長野県佐久市御馬寄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐久の関連情報