コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1818年協定 せんはっぴゃくじゅうはちねんきょうてい Convention of 1818

1件 の用語解説(1818年協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1818年協定
せんはっぴゃくじゅうはちねんきょうてい
Convention of 1818

アメリカ=イギリス戦争 (1812) を終結させたガン条約後,アメリカイギリス間の懸案の諸問題を解決した協定の一つ。これはカナダ水域におけるアメリカの漁業権を制限し,ルイジアナ購入以来不明瞭のまま放置されていたアメリカとカナダとの国境を,ウッズ湖からロッキー山脈にいたる北緯 49度線とし,両国が従来領有を主張してきたオレゴン地方を,その後 10年間共同領有とすることを定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1818年協定の関連キーワードアメリカンイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争英米アメリカ アメリカROME ローマ第2次英米戦争イギリス・北アメリカ郵便輸送特許汽船会社《イギリス領北アメリカの情勢に関する報告書》イギリス領北アメリカ法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone