1818年協定(読み)せんはっぴゃくじゅうはちねんきょうてい(英語表記)Convention of 1818

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1818年協定
せんはっぴゃくじゅうはちねんきょうてい
Convention of 1818

アメリカ=イギリス戦争 (1812) を終結させたガン条約後,アメリカイギリス間の懸案の諸問題を解決した協定の一つ。これはカナダ水域におけるアメリカの漁業権を制限し,ルイジアナ購入以来不明瞭のまま放置されていたアメリカとカナダとの国境を,ウッズ湖からロッキー山脈にいたる北緯 49度線とし,両国が従来領有を主張してきたオレゴン地方を,その後 10年間共同領有とすることを定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android