コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2WAYコミュニケーション

1件 の用語解説(2WAYコミュニケーションの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

2WAYコミュニケーション

・two-way communication、two-way speaker system
・情報の送り手と情報の受け手が相互間に情報をキャッチボールする双方向コミュニケーションのことを言う。
・双方向のコミュニケーションにより、双方の認識の違いや情報の齟齬を排除することができる。
・たとえば、自社の従業員間の情報伝達が指示・命令といった一方通行のものでなく、双方向にすることにより目的や意図を含め情報が正確に伝達される。また、自社が提供したサービスに関する顧客からの要望や満足度、問題点をフィードバックしてもらう等して、顧客満足度の向上や自社サービスの拡充に役立てることなども広義の2WAYコミュニケーションと言える。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone