コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2WAYコミュニケーション

1件 の用語解説(2WAYコミュニケーションの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

2WAYコミュニケーション

・two-way communication、two-way speaker system
・情報の送り手と情報の受け手が相互間に情報をキャッチボールする双方向コミュニケーションのことを言う。
・双方向のコミュニケーションにより、双方の認識の違いや情報の齟齬を排除することができる。
・たとえば、自社の従業員間の情報伝達が指示・命令といった一方通行のものでなく、双方向にすることにより目的や意図を含め情報が正確に伝達される。また、自社が提供したサービスに関する顧客からの要望や満足度、問題点をフィードバックしてもらう等して、顧客満足度の向上や自社サービスの拡充に役立てることなども広義の2WAYコミュニケーションと言える。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

2WAYコミュニケーションの関連キーワード木村葉月倉木麻衣金橋良樹クォート(Quote)ツートーンカラー小松もか石黒新平七々海夏帆寺門ジモン庄司智春

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone