3次元グラフィックス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

3次元グラフィックス

立体的に描画されたグラフィックスの絵、またはそのためのグラフィックス描画方法。物体があたかも3次元空間に存在するように描画するためには、物体の配置(遠くにある物の一部が、近くにある物によって隠す)や光線の加減(光源に面した部分は明るく、光源とは反対の面は暗くする)、物体の材質(鏡面なら光源からの光を反射、透明の物体なら光線を透過させる)などを考慮し、それらによって物体がどのように見えるかを計算しなければならない。このためのグラフィックス描画手法の総称が3Dグラフィックスと呼ばれる。代表的なグラフィックス描画関数としては、Open GL(Windows NTは標準搭載する)、QuickDraw 3Dなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

3次元グラフィックスの関連情報