3次元グラフィックス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

3次元グラフィックス

立体的に描画されたグラフィックスの絵、またはそのためのグラフィックス描画方法。物体があたかも3次元空間に存在するように描画するためには、物体の配置(遠くにある物の一部が、近くにある物によって隠す)や光線の加減(光源に面した部分は明るく、光源とは反対の面は暗くする)、物体の材質(鏡面なら光源からの光を反射、透明の物体なら光線を透過させる)などを考慮し、それらによって物体がどのように見えるかを計算しなければならない。このためのグラフィックス描画手法の総称が3Dグラフィックスと呼ばれる。代表的なグラフィックス描画関数としては、Open GL(Windows NTは標準搭載する)、QuickDraw 3Dなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

3次元グラフィックスの関連情報