6G(読み)しっくすじー/ろくじー

知恵蔵mini「6G」の解説

6G

第6世代(6th Generation)無線移動通信技術の略称。前世代の5Gを超えるという意味で「ビヨンド5G」とも称される。6Gは5Gの普及後に予想される、IoTを中心とした通信需要の増加に対応するために策定され、5Gの10倍にあたる最低毎秒100ギガビットの伝送容量が想定されている。2030年ごろの実用化をめどに、米国、中国、フィンランド、韓国、日本などが研究開発に着手している。日本では18年、NTTと東京工業大学の共同実験で毎秒100ギガビットの伝送に成功した。

(2020-1-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android