コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A26長距離機 エーにじゅうろくちょうきょりき

世界大百科事典 第2版の解説

エーにじゅうろくちょうきょりき【A26長距離機】

朝日新聞社が日本紀元2600年(1940)を記念する事業として計画した長距離飛行用の飛行機。Aは朝日を意味する。計画が具体的に始まったのは1940年1月で,東京大学航空研究所が研究と設計に関与,立川飛行機(株)が製作を担当し,42年11月18日初飛行に成功した。全長15.3m,全幅29.438m,1000馬力級エンジン2基をもつ双発機で,非常に細長い主翼が外形上の特色となっている。製作2機中の2号機は43年6月30日ドイツへの連絡飛行のため東京の福生飛行場を離陸シンガポールを経由して7月7日ドイツへ向かったのち行方不明となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

A26長距離機の関連キーワード木村 秀政朝日新聞社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android