コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AES えーいーえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

AES

NIST(米国立標準技術研究所)によって選定された暗号方式。2001年12月に正式に承認された。従来、暗号方式には「DES」が利用されてきたが、暗号キーが64ビットであることなど古い技術を用いているため、新方式が策定されることとなった。AESではベルギーの開発者が考案したRijndael(ラインダール)という暗号方式が用いられる。現在、Mac OS X バージョン 10.3の標準の暗号化方式として採用されるなど、実装が進んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

AES

データを暗号化する方式のひとつです。正式名称を「Advanced Encry-
ption Standard」といい、「次世代暗号化標準」の意味をもちます。無線LANの暗号化規格WPAなどで利用されています。アメリカ政府が情報を処理する際の暗号化方式として採用しているほどで、暗号化の方式としてはTKIPよりAESのほうが堅牢ですが、暗号化、復号化時の計算量が増えるため、十分な計算能力がないアクセスポイントやパソコンでは通信速度に影響を及ぼすことがあります。
⇨TKIP、WPA

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐イー‐エス【AES】[advanced encryption standard]

advanced encryption standard》米国国立標準技術研究所(NIST)が2001年に選定した、DESに代わる政府の標準暗号方式。暗号鍵として、128ビット、192ビット、256ビットの3種類を利用でき、このうち鍵長が長い256ビットのものはAES256とよばれ、最も安全性が高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エーイーエス【AES】

アメリカの国立標準技術研究所(NIST)が2001年に公表した暗号規格。共通鍵暗号方式を用いる。コンピューターの高速化や暗号理論の発展に伴い、旧来の規格であるDESの安全性が低下したため、次世代の暗号規格として選定された。◇「advanced encryption standard」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

AES

〖Advanced Encryption Standard〗
アメリカ政府の新標準暗号規格。また、それによる共通鍵暗号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

AESの関連キーワードトゥウェイフルフォンテーンiCloudキーチェーンIEEE802.11i高級アルコール系洗剤FileVault256ビットAESAES256ビットAES/EBU黄腹姫青尺蠖AESEBU瑠璃星蜻蜒青帽子鸚哥黄色扁蜉蝣瀬戸牛之舌石田天社蛾小豆莢虫蛾皺胸円泥虫瀬戸牛舌櫟天社蛾赤花橡木

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android