コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通鍵暗号 キョウツウカギアンゴウ

3件 の用語解説(共通鍵暗号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうつう‐かぎあんごう〔‐かぎアンガウ〕【共通鍵暗号】

暗号化復号に同じ鍵を使う暗号方式。暗号文の送信者と受信者が共通の鍵をもつ必要がある。私有鍵暗号方式秘密鍵暗号対称鍵暗号共有鍵暗号慣用暗号。→暗号鍵

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

きょうつうかぎあんごう【共通鍵暗号】

暗号化と復号(デコード)に同じ鍵を使う暗号方式。暗号文の送信者と受信者が同じ鍵を持つ必要があるため、鍵のやり取りの安全性と秘密保持が重要となる。代表的な共通鍵暗号として、アメリカ国立標準技術研究所NIST)が制定したDESAESがある。◇「秘密鍵暗号」「対称鍵暗号」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共通鍵暗号
きょうつうかぎあんごう

データを暗号化する技術の一つ。送信側の暗号化と受信側の復号に同じ鍵(暗証番号パスワードなど)とアルゴリズムを使用して処理を行う。たとえば、送信者が「c=k、a=b、t=x」という共通鍵(対応表)をあらかじめ用意しておき、その法則により「cat」というテキストを「kbx」と暗号化して受信者に送信する。受信者は送信者が暗号化に使用した共通鍵を使用して復号し、「cat」という本来のテキストを得る。送信中のデータを共通鍵を持たない第三者が傍受しても、その本来の意味を知ることができない。
 この方式の長所は、相対的に処理が高速であるため大容量のデータの処理が容易であるということである。短所としては、事例ごとに個別に鍵を作成する必要があるため、多人数での頻繁なやり取りをする場合には鍵の数が膨大になり、伝達の過程(たとえば暗号化されていないメールで送信する際など)で鍵を傍受・解読される危険性があげられる。また、共通鍵暗号に対し、暗号化と復号に異なる鍵を使用する方式を公開鍵暗号という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共通鍵暗号の関連情報