コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通鍵暗号 キョウツウカギアンゴウ

3件 の用語解説(共通鍵暗号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうつう‐かぎあんごう〔‐かぎアンガウ〕【共通鍵暗号】

暗号化復号に同じ鍵を使う暗号方式。暗号文の送信者と受信者が共通の鍵をもつ必要がある。私有鍵暗号方式秘密鍵暗号対称鍵暗号共有鍵暗号慣用暗号。→暗号鍵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

きょうつうかぎあんごう【共通鍵暗号】

暗号化と復号(デコード)に同じ鍵を使う暗号方式。暗号文の送信者と受信者が同じ鍵を持つ必要があるため、鍵のやり取りの安全性と秘密保持が重要となる。代表的な共通鍵暗号として、アメリカ国立標準技術研究所NIST)が制定したDESAESがある。◇「秘密鍵暗号」「対称鍵暗号」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共通鍵暗号
きょうつうかぎあんごう

データを暗号化する技術の一つ。送信側の暗号化と受信側の復号に同じ鍵(暗証番号パスワードなど)とアルゴリズムを使用して処理を行う。たとえば、送信者が「c=k、a=b、t=x」という共通鍵(対応表)をあらかじめ用意しておき、その法則により「cat」というテキストを「kbx」と暗号化して受信者に送信する。受信者は送信者が暗号化に使用した共通鍵を使用して復号し、「cat」という本来のテキストを得る。送信中のデータを共通鍵を持たない第三者が傍受しても、その本来の意味を知ることができない。
 この方式の長所は、相対的に処理が高速であるため大容量のデータの処理が容易であるということである。短所としては、事例ごとに個別に鍵を作成する必要があるため、多人数での頻繁なやり取りをする場合には鍵の数が膨大になり、伝達の過程(たとえば暗号化されていないメールで送信する際など)で鍵を傍受・解読される危険性があげられる。また、共通鍵暗号に対し、暗号化と復号に異なる鍵を使用する方式を公開鍵暗号という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共通鍵暗号の関連キーワードWEP慣用暗号方式共通鍵暗号方式デコード復号復号化暗号鍵暗号文公開鍵暗号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共通鍵暗号の関連情報