AKT

栄養・生化学辞典の解説

AKT

 AKT/PKBと同じ.v-aktがん遺伝子インスリンなどのシグナル伝達系のPI3Kによって活性化されることから,その下流に存在するいくつかの信号伝達タンパク質の一つで,これ自身複数が報告されている.セリン-トレオニンキナーゼ活性をもち,SH-2ドメインをもつ.Rasを活性化するとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

AKTの関連情報