ALE(読み)エーエルイー(英語表記)atomic layer epitaxy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ALE
エーエルイー
atomic layer epitaxy

半導体等の単結晶を単原子層ずつ制御して基板上に成長させる新しい結晶成長技術の一つ。縦方向および横方向の寸法を nmレベルの超微細構造とすることにより,量子井戸レーザーや超格子素子など,従来の素子とは動作原理の異なる量子効果を利用する機能素子が実現できる。分子線エピタクシーも近い方法であるが,狭義には単原子層の精密な制御は,原料ガスを基板表面に吸着させ,表面反応により単原子層を成長させる工程を繰り返すことをいう。表面反応を促進させるため,紫外線を照射することも行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ALE

〖atomic layer epitaxy〗
原子層エピタキシー法。半導体製造技術の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ALEの関連情報