コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ALPS エーエルピーエス ALPS

翻訳|ALPS

2件 の用語解説(ALPSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エー‐エル‐ピー‐エス【ALPS】[Advanced Liquid Processing System]

advanced liquid processing system》⇒多核種除去設備

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ALPS
あるぷす

Advanced Liquid Processing Systemの略。直訳すれば高度液体処理設備であるが、一般に多核種除去設備とよばれる。福島第一原子力発電所では、2011年(平成23)3月の東日本大震災に伴い発生した炉心溶融・貫通事故後、1~4号機建屋(たてや)地下にある高濃度汚染水を、セシウム吸着装置KURION(キュリオン)(または第二セシウム吸着装置SARRY(サリー))により、おもに放射性セシウムを除去し、除去前の数万分の1の濃度に浄化している。この処理水は淡水化装置により4割が淡水、6割が濃縮塩水となる。濃縮塩水中に溶けている62核種を、排液中または排水中の法定濃度限度以下に浄化する目的で、東芝と日立GEニュークリア・エナジーによりそれぞれ開発・導入された水処理設備がALPSである。ただし、水素の同位体であるトリチウム(3H)は水分子として存在するため、ALPSでも除去できない。
 濃縮塩水を浄化する目的でALPSの試運転が開始されたのは2013年3月末であった。これは東芝製(既設ALPSとよばれる)で、1日当り1系統で250トン、3系統で750トン浄化できると喧伝(けんでん)された。しかし、導入から1年間以上トラブル続きで、既設ALPSの稼働率は非常に低いものであった。また、ヨウ素129は法定濃度限度と同程度か高い濃度で検出された。
 既設ALPSを改良し、ヨウ素129などの放射性核種の除去性能を向上させたのが同じ東芝製の増設ALPSで、2014年9~10月に試運転、本格運転が開始された。増設ALPSの処理能力は、系統数を含め既設ALPSと同じである。貯蔵タンクに保管している濃縮塩水の浄化を急ぐため、2014年10月には日立製ALPSも導入された(高性能ALPSとよばれる)。高性能ALPSは1日当り500トン浄化できる。2014年秋以降、3種類のALPSを本格運転することにより、濃縮塩水の浄化は著しく進展した(それでもこの時期の平均稼働率は50~60%程度にすぎない)。
 既設ALPSと増設ALPSによる核種除去の基本構造はほぼ同じであるが、浄化対象水の水質に応じて変更されることもあるという。核種除去工程は、吸着阻害イオン(Mg2+、Ca2+など)を除去する前処理(凝集沈殿方式)工程と、活性炭や樹脂、酸化チタンなどの吸着材を充填(じゅうてん)した16~18塔の吸着塔による吸着工程からなる。高性能ALPSは放射性廃棄物量を減らすため、前処理工程を凝集沈殿方式からフィルター方式に変更し、吸着工程は13塔の吸着塔からなる。吸着塔は浄化能力が低下すると、容易に交換できる仕組みになっている。ALPSの核種除去性能は、ストロンチウム90は浄化前の濃度の1億分の1程度、ヨウ素129は法定濃度限度の10分の1程度、その他の核種も法定濃度限度を十分に下回るという。[野口邦和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ALPSの関連キーワードcoal-liquid-mixtureintercumulus liquidthermotropic liquid crystalnatural gas liquidlyotropic liquid crystalliquid sinteringliquid nitridingliquid pintliquid level detectorliquid alloy

ALPSの関連情報