ANK(読み)あんく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ANK

Alphabet Numerals and Katakanaの略。アルファベットと数字、カタカナのこと。いわゆる半角文字。JIS(日本工業規格)によって8ビットのコードが割り当てられている。8ビットで対応できる文字数は28で256文字まで。これに対して数千文字もある漢字は扱いきれないため、16ビット(2byte)のコードが必要となる。【同】ANK文字(アンクもじ)

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンク【ANK】[alphabet numeric kana]

alphabet numeric kanaコンピューターによる日本語の文字表示のうち、1バイトで表現できる文字の集合のこと。半角アルファベット、半角カタカナ、半角数字を含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アンク【ANK】

コンピューターで扱われる文字の中で、1バイトで表される文字の総称。半角英字・半角数字・半角カナを含む。◇「alphabet(アルファベット)」「numeric(数字)」「kana(カナ)」の頭文字から。「英数カナ」「ANK文字」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ANKの関連情報