コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かな カナ

デジタル大辞泉の解説

か‐な

[連語]《終助詞「か」+終助詞「な」》文末にあって、名詞および名詞的な語、動詞・形容詞の連体形などに付く。
念を押したり、心配したりする気持ちを込めた疑問の意を表す。「うまく書けるかな」「君一人で大丈夫かな
自分自身に問いかけたり、自分自身の意志を確認したりする意を表す。「あれはどこにしまったかな」「勉強でもするかな
(「ないかな」の形で)願望の意を表す。「だれか代わりに行ってくれないかな」「早く夜が明けないかな
理解できない、納得いかないという意を表す。「先輩に対してあんな口のきき方するかな
[補説]近世以降の用法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かな

( 連語 )
〔終助詞「か」に詠嘆の終助詞「な」の付いたもの。近世江戸語以降の語〕
文末にあって、体言または体言に準ずるもの、動詞・形容詞およびそれらと同じ活用型の助動詞の終止・連体形に接続する。
軽い詠嘆の気持ちを込めた疑問の意を表す。 「あの人はひとりでうまくやれる-」 「どうしてそんなに怖いの-」
自分自身に問いかける気持ちを表す。 「お茶でも飲もう-」 「もうそろそろ向こうに着く時分-」
(「ないかな」の形で)願望の意を表す。 「だれか来ない-」 「はやく帰らない-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かなの関連キーワード奈河篤助(2代)下魚・下肴宜なるかな小魚・小肴疑問仮名遣金森可重尾山城跡金沢文庫加賀平野仮名文字金森通倫一枚交ぜ磯永彦助大和仮名金森長興雲居遥か連体形鉄梃棒可南女終助詞

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かなの関連情報