コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

API度 エーピーアイどAPI degree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

API度
エーピーアイど
API degree

アメリカ石油協会 American Petroleum Instituteで制定した石油工業用の低粘油,中粘度油に対して用いられる石油比重の表示方式。次の式で表わされる。 API度=141.5/ (比重 60/60°F) -131.5。比重 60/60°Fとは 60°F (15.6℃) における試料の質量と,同温度における等体積の純水の質量との比で表わされるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エーピーアイ‐ど【API度】

API(米国石油協会)が定めた比重測定単位。水の比重を10度とし、数値が高くなるほど軽質となる。カ氏60度の水fの比重の逆数から1を減じて141.5倍したものに10を加えて表される値。1952年米国で公認され、石油業界で通用している。APIボーメ度。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

API度
えーぴーあいど
A.P.I. gravity

石油製品の比重の単位。水の温度を60(140℃の9分の1)と指定したときの比重の逆数から1を減じ、さらに141.5倍したうえに、10を加えて表される値をいう。式で表すと、60の水に対する比重をd'として

となる。水より軽い液体用の浮秤(ふひょう)に、等間隔に目盛るために設けられた。APIはAmerican Petroleum Institute(アメリカ石油協会)の略で、この単位は1952年アメリカで公認され、石油産業で国際的に用いられている。石油系液体のAPI度はマイナス1からプラス101の間にある。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

API度の関連キーワードエルブンドク油田浮秤

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

API度の関連情報