コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

API度 エーピーアイど API degree

3件 の用語解説(API度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

API度
エーピーアイど
API degree

アメリカ石油協会 American Petroleum Instituteで制定した石油工業用の低粘度油,中粘度油に対して用いられる石油比重の表示方式。次の式で表わされる。 API度=141.5/ (比重 60/60°F) -131.5。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エーピーアイ‐ど【API度】

API(米国石油協会)が定めた比重測定単位。水の比重を10度とし、数値が高くなるほど軽質となる。カ氏60度の水fの比重の逆数から1を減じて141.5倍したものに10を加えて表される値。1952年米国で公認され、石油業界で通用している。APIボーメ度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

API度
えーぴーあいど
A.P.I. gravity

石油製品の比重の単位。水の温度を60(140℃の9分の1)と指定したときの比重の逆数から1を減じ、さらに141.5倍したうえに、10を加えて表される値をいう。式で表すと、60の水に対する比重をd'として

となる。水より軽い液体用の浮秤(ふひょう)に、等間隔に目盛るために設けられた。APIはAmerican Petroleum Institute(アメリカ石油協会)の略で、この単位は1952年アメリカで公認され、石油産業で国際的に用いられている。石油系液体のAPI度はマイナス1からプラス101の間にある。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

API度の関連キーワード測定単位中国石油集団中国石油天然ガス中国石油天然気集団公司中国石油天然気ペトロチャイナ水中体重測定法プラスチックビーズ法API 比重真比重

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone