コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BDXL びーでぃーえっくすえるBDXL

知恵蔵の解説

BDXL

BDA(Blu-ray DiscAssociation)が規格承認したBD(Blu-rayディスク)の拡張仕様。BDの記憶容量が最大50Gバイトであるのに対し、BDXLでは、100Gと128Gバイトの2種類の記憶容量を持つディスクの製品化が可能となる。
BDは記録層が1層で記憶容量が25Gバイトのものと、2層で記憶容量が50Gバイトのものがあるが、BDXLは3層と4層の2種類があり、3層タイプ(追記型のBD-R XLと書き換え型BD-RE XL)の記憶容量は100Gバイト、4層タイプ(追記型のBD-R XL)の記憶容量は128Gバイトとなっている。なお、BDXLの再生には新しい機器が必要となり、従来のBlu-ray再生機器では認識できない。
BDXLは、膨大なデータの保管が必要とされる放送業界や医療業界、IT業界向けの需要が見込まれるが、一般家庭向けとして2010年7月末にシャープ社から世界初のBDXLが再生可能なBlu-rayレコーダーが発売された。同レコーダーでは、3層 100Gバイトの追記型BD-R XL、書き換え型BD-RE XLと4層 128GバイトのBD-R XLに対応。またBDXLがBDの拡張仕様であるため、後方互換性が確保されており、従来のBDも利用可能となっている。
BDXLメディアは、シャープ社から先のレコーダーと同時に3層 100Gバイトの追記型BD-R XLが発売された他、イメーション社からもTDKブランドの同タイプメディアが9月に発売される予定。どちらも、販売価格は5000円前後で、地上デジタル放送データが約720分、BSデジタル放送データが約520分録画できる。4層 128Gバイトのディスクについては、今後の市場動向を見て商品化が検討される模様。
現在のところ1Gバイト単価で見るとBDXLメディアはBDの数倍以上するが、普及が進めば販売価格は下がる。ちなみにシャープ社はBDレコーダーのBDXL対応比率を11年には100%にするという目標を掲げている。

(横田一輝  ICTディレクター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

BDXL

2010年に策定されたブルーレイの拡張規格です。ディスク上にデータを記録する層を従来より増やすことで記憶容量を増やし、3層で100GB、4層で128GBを実現しました。データの読み書きには、BDXL対応のドライブが必要で、ディスクも3層以上は専用のものを使います。
BDXL対応ドライブは、従来のディスクも扱えます。
⇨Blu-ray

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビーディー‐エックス‐エル(BDXL)

ブルーレイディスクの拡張規格の一つ。従来の規格では1層25ギガバイト、2層50ギガバイトを記録できるが、同拡張規格では記録層を3層または4層にすることで大容量化を図り、追記型(BD-R XL)で100および128ギガバイト、書き換え型(BD-RE XL)で100ギガバイトの記録が可能になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

BDXLの関連キーワードBDRE XLBDR XL片面2層

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android