コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C重油 シージュウユ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

C重油

原油をガソリン灯油などに分留して最後に残った燃料成分。極めて粘度が高く、加熱して使われる。船舶用の大型ディーゼルエンジン、火力発電所や地域冷暖房用の大型ボイラーなどの燃料に使われる。環境負荷が高く、国内では産業用の需要は減少傾向にある。業界団体によると、船舶からの油流出事故ではC重油が漏れ出すケースが多い。97年に島根沖で船体破断したロシア船籍タンカー「ナホトカ号」の事故も、積み荷のC重油が漏れ出し、大量の海鳥が被害にあった。

(2006-03-24 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

C重油の関連キーワードタービン船石油産業B重油原油常温

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android