C重油(読み)シージュウユ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

C重油

原油をガソリン灯油などに分留して最後に残った燃料成分。極めて粘度が高く、加熱して使われる。船舶用の大型ディーゼルエンジン、火力発電所や地域冷暖房用の大型ボイラーなどの燃料に使われる。環境負荷が高く、国内では産業用の需要は減少傾向にある。業界団体によると、船舶からの油流出事故ではC重油が漏れ出すケースが多い。97年に島根沖で船体破断したロシア船籍タンカー「ナホトカ号」の事故も、積み荷のC重油が漏れ出し、大量の海鳥が被害にあった。

(2006-03-24 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android