コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動粘性率 どうねんせいりつ kinematic viscosity

4件 の用語解説(動粘性率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動粘性率
どうねんせいりつ
kinematic viscosity

動粘性係数ともいう。粘性率 μ と密度 ρ との比 ν=μ/ρ を動粘性率という。 SI 単位は m2/s ,CGS 単位はストークス (記号 St ,cm2/s ) である。粘性力の大きさ自身は粘性率 μ の値によって決るが,粘性流体の流れの性質は粘性力と慣性力との比によって決るので,その意味では動粘性率 ν の値のほうが重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうねんせい‐りつ【動粘性率】

流体の粘性の度合い。粘性率を密度で割った値。国際単位系では平方メートル毎秒(m2/s)、CGS単位系ではストークス(St)が用いられる。動粘度。動粘性係数

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

動粘性率【どうねんせいりつ】

流体の粘性率をその密度で割った数。動粘度とも。単位は国際単位系ではm2/s,CGS単位ではストークス(St)で,1St=10(-/)4m2/sである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

動粘性率

流体の粘性率ηを密度ρで割った値ν=η/ρ.粘性流体の中を動く物体に働く力は粘性率そのものによるのに対して,流れの状態は動粘性率に支配される.単位は国際単位系ではm2/sである[長倉ほか : 1998].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の動粘性率の言及

【ストークス】より

…動粘度(動粘性率)の単位で,記号はSt。1St=1cm2/s=10-4m2/s。…

【粘性】より


[運動と粘性]
 粘性が流体中を運動する物体や管内の流れなどに及ぼす効果は,流体の慣性による力(流体の密度をρ,代表速度をUとするとき,単位面積当りρU2の程度)と,粘性力τ(物体の代表長さをLとするときμU/Lの程度)の比であるレーノルズ数ReUL/νで定まる。ここでνは粘性率μを密度ρで割ったもので,動粘性率(動粘度)coefficient of kinematic viscosityと呼ばれ,単位はCGS単位系ではストークスSt(1St=1cm2/s),SI単位系ではm2/sである。したがって運動に対してはふつうの粘性率よりも動粘性率のほうが問題になることが多い。…

※「動粘性率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

動粘性率の関連キーワード粘性係数粘性率動粘度動粘性係数渦動粘性係数壁法則ガリレイ数テイラー数(粘性流体)プラントルの壁法則渦動粘性

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone