コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動粘性率 どうねんせいりつkinematic viscosity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動粘性率
どうねんせいりつ
kinematic viscosity

粘性係数ともいう。粘性率 μ と密度 ρ との比 ν=μ/ρ を動粘性率という。 SI 単位は m2/s ,CGS 単位はストークス (記号 St ,cm2/s ) である。粘性力の大きさ自身は粘性率 μ の値によって決るが,粘性流体の流れの性質は粘性力と慣性力との比によって決るので,その意味では動粘性率 ν の値のほうが重要である。気体では液体に比べて,粘性率 μ の値は小さいが,逆に動粘性率 ν の値は大きい。 (→ナビエ=ストークス方程式 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

動粘性率【どうねんせいりつ】

流体の粘性率をその密度で割った数。動粘度とも。単位は国際単位系ではm2/s,CGS単位ではストークス(St)で,1St=10(-/)4m2/sである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

動粘性率

流体の粘性率ηを密度ρで割った値ν=η/ρ.粘性流体の中を動く物体に働く力は粘性率そのものによるのに対して,流れの状態は動粘性率に支配される.単位は国際単位系ではm2/sである[長倉ほか : 1998].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の動粘性率の言及

【ストークス】より

…動粘度(動粘性率)の単位で,記号はSt。1St=1cm2/s=10-4m2/s。…

【粘性】より


[運動と粘性]
 粘性が流体中を運動する物体や管内の流れなどに及ぼす効果は,流体の慣性による力(流体の密度をρ,代表速度をUとするとき,単位面積当りρU2の程度)と,粘性力τ(物体の代表長さをLとするときμU/Lの程度)の比であるレーノルズ数ReUL/νで定まる。ここでνは粘性率μを密度ρで割ったもので,動粘性率(動粘度)coefficient of kinematic viscosityと呼ばれ,単位はCGS単位系ではストークスSt(1St=1cm2/s),SI単位系ではm2/sである。したがって運動に対してはふつうの粘性率よりも動粘性率のほうが問題になることが多い。…

※「動粘性率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動粘性率の関連キーワードストークス(Sir George Gabriel Stokes)レイノルズの相似法則バーガースの方程式ストークス(単位)オゼーンの方程式ストークスの近似レーノルズ数プラントル数渦動粘性係数カルマン渦列レイノルズ数運動粘性率ガリレイ数ナビエ粘度計境界層伴流流体M2

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android