CIS集団安全保障条約(読み)しーあいえすしゅうだんあんぜんほしょうじょうやく/CISしゅうだんあんぜんほしょうじょうやく

知恵蔵 「CIS集団安全保障条約」の解説

CIS集団安全保障条約

1992年にCIS集団安全保障条約が締結されたが、機構としては形も明確ではなかった。99年4月20日に、条約の期限が終了したが、アゼルバイジャングルジアウズベキスタンの3カ国は延長しなかった。米同時多発テロ後、米軍の中央アジア駐留に対抗して、2002年12月にはロシアなどがキルギスのカント基地への駐留を決め、03年4月にはカザフスタンでCIS集団安保軍が合同演習を行った。同年4月末にタジキスタンに集団安保条約に加盟するロシア、ベラルーシアルメニア、カザフスタン、キルギス、タジキスタンの6カ国の首脳が集まり、CIS集団安全保障機構の初代事務総長にニコライ・ボルジュジャ・ロシア元大統領府長官を任命した。05年にはグルジアやモルドバでロシア軍撤退の要求が強まり、CIS諸国がまとまって軍事協力を行うのはほぼ不可能となった。05年に急速にロシアに接近したウズベキスタンは、06年6月に復帰した。ウズベキスタンは05年には駐留米軍を撤退させていた。最近はロシアを中心にこの機構を強化する動きが目立つ。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android