コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSMA/CD しーえすえむえーしーでぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSMA/CD

Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection(搬送波感知多重アクセス/衝突検出)の略。IEEE802.3で定められた媒体アクセス制御(MAC)方式。CSMA/CD方式では、まずネットワークアダプタなどが伝送路上を見てほかのデータが流れているかどうかを確認(CS:Carrier Sense)した上でデータの送信を開始する。しかし、複数のノードが同時にデータ送信を行なうと、ケーブル上でデータ同士の衝突(コリジョン)が起こる可能性がある。CSMA/CD方式では、コリジョンが検出(CD:Collision Detection)された場合、パケットの送出を中止してランダムな時間を待ってデータの再送を行なう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CSMA/CDの関連キーワードイーサーネット型LANメディアアクセス制御ブロードバンド方式フレーム間隔時間アクセス制御方式MACレイヤーCSMA/CAイーサネット10GbE

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android