コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Core i7(読み)こああいせぶん

知恵蔵の解説

Core i7

インテルが2008年11月に発表した新しいCPU計算能力が重視されるデスクトップパソコンサーバー等への搭載を前提とした高性能CPUで、一つのCPUに四つのコア(CPU内で実際にデータ処理〈計算〉を行う心臓部)を搭載する「クアッドコア」構造を採る。さらに、ひとつのコアを二つ分として利用可能にするハイパー・スレッディング(HT)・テクノロジーに対応しており、基本ソフト(OS)やアプリケーションソフトからは、八つのCPUが存在するように扱うことができる。
従来の同社製CPUからの大きな変更点としては、従来チップセットに搭載していたメモリーコントローラーをCPUに内蔵してチップセットとの接続規格も新しくなったこと、一時的にCPUの計算速度を向上させるターボ・ブースト・テクノロジーを採用したことなどが挙げられる。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android